検査の方法や種類

夫婦

出生前診断とは、赤ちゃんがこの世に誕生する前に、様々な検査を通じて病気や先天的な異常がないかを調べる方法のことです。検査の方法は、非確定的検査と確定的検査という2種類に分けられ、前者では母体血清マーカー検査と呼ばれる方法が一般的に行われます。母体血清マーカー検査では、母体の血液を採取し、赤ちゃんの染色体変化や二分脊椎の確率を算出します。そのため、病気を持っているかどうかを100%診断できるわけではありません。この検査によって先天的異常の確率が高いと判断されたら、確定的検査を行うという夫婦が多いです。確定的検査は、羊水検査と絨毛検査という2種類の検査方法が用いられます。羊水検査では、母体のお腹に注射を刺して羊水を取り出し、そこから赤ちゃんの細胞を取り出してDNAを調べます。お腹に直接注射を刺すため、非確定的検査に比べおよそ0.3%程度流産の危険性が高まるというリスクがあります。絨毛検査も、羊水検査と同様に母体のお腹に注射を刺して絨毛を採取し検査にかけます。検査を受けられる妊娠週数が、羊水検査よりも早いため、羊水検査よりリスクは低くなりますが、現在実施している病院は少ないため、出来る場所を探すのが大変であるというのが問題点として挙げられます。費用については、どの検査も一般的に10~20万円程度かかりますので、あらかじめ用意しておきましょう。

心の準備が出来る

医者と夫婦

出生前診断の一番のメリットは、心の準備が出来るということです。もしも重い病気や異常が分かった場合、産まれる前に、サポートセンターを調べたり病気についての知識を深めたりなど、様々な準備が出来ます。また、病気や異常がないと分かったら、不安要素が取り除かれ通常の出産準備を楽しめます。さらに、病気の場合は医療費用が免除になったり支援費用が出たりすることもあるので、そのような準備も十分にする時間が確保出来ます。

向いている人とは

妊婦

出生前診断に向いている人は、不安が大きい人や高齢の人などです。特に母体が高齢の場合は、染色体異常になる可能性が若干上がると言われているので、30代後半から40代程度の妊婦さんにおすすめしている病院もあります。また、どうしても出生前診断をして妊娠中の不安を取り除きたいと考える人も受けると良いでしょう。大切なのは、費用の面も含め夫婦でしっかり話し合って決めるということです。どのような選択をするのであれ、しっかり話し合えば後悔することはなくなります。

広告募集中