HOME>トピックス>増加をする不妊の悩みを解決させる方法を知っておこう

子どもを授かるということ

不妊症に悩んでいる夫婦が増加をしている、ということもあり、専門のクリニックの数も増えてきています。横浜市内にも不妊症専門のクリニックがあり、ステップを踏んで体外受精まで受けることができます。最初はタイミングを取る方法で着床を目指しますが、上手くいかなかった場合には人工授精を行います。それでも上手くいかないということであれば体外受精に進むことになります。

配慮されているクリニック

妊婦健診を受ける人と不妊治療を受ける人が同じ空間にいると辛くなってしまう、ということもあるので、横浜市内にあるクリニックの中には妊婦健診を行っていなかったり、時間帯で区切ったりしているところもあります。体外受精など辛い治療の場合には心のケアも必要です。

カウンセリングの必要性

体外受精まで進むということは、ある程度の期間の不妊症の治療を受けたということになります。精神的にも疲れてしまう、ということもあるので、カウンセリングを定期的に行って心のケアを行うことも必要です。横浜にあるクリニックの中にはカウンセラーが常駐しているところもあります。

費用の算出

不妊症の治療は基本的に自費です。保険適用外になるのでまとまったお金が必要ということになります。体外受精も高額な費用が必要になりますし、1回で妊娠出来るとは限りません。横浜市内のクリニックの中には初診時に費用を算出してくれるところもあります。

広告募集中